PPS共通コンポーネントのダウンロード

PPS共通コンポーネントは、NPO法人ものづくりAPS推進機構により、無償で再配布可能(営利目的を含む)なAPIライブラリ群です。
PSLX2プラットフォーム対応ソフトウェアは、すべてPPS共通コンポーネントを用いて開発されています。
PSLX2プラットフォームについては、こちらをご覧ください。

PPS共通コンポーネントは、大きく「PPSドキュメントサービスコンポーネント」と「PPSメッセージングサービスコンポーネント」に分かれます。

PPS共通コンポーネントのダウンロードの
ダウンロードは、こちらです。
ダウンロード

PPSドキュメントサービスコンポーネント

ドキュメントサービスコンポーネントは、PSLXメッセージ変換コンポーネントです。
XMLに関する専門知識がないプログラマーでも、PSLX対応のXMLメッセージが生成または解釈ができるようなクラスライブラリ集です。

ドキュメントサービスコンポーネントには次のような機能があります。

  1. 業務メッセージをXML形式で作成できます。
  2. 業務メッセージにオブジェクトを個別に追加できます。
  3. 照会や追加、修正、削除に関する条件を設定できます。
  4. 受信した業務メッセージを解釈し、返信メッセージを組み立てられます。
  5. トランザクション処理として、コミット、ロールバックなどができます。 

ドキュメントサービスコンポーネントでは、次のライブラリが無償で利用できます。

ファイル名 内容
Pps.Documents.dll .NET Framework用のコンポーネント
org.pslx.PpsDocuments.jar Java用のコンポーネント

PPSメッセージングサービスコンポーネント

メッセージングサービスコンポーネントは、アプリケーションプログラム間で、任意のテキストを送受信するためのクラスが提供されています。メッセージの送受信は、メッセージキュー(MQ)を用いて行いますが、SOAPやHTTP(POST形式)による通信も可能です。

メッセージングサービスコンポーネントには、次のような機能があります。

  1. メッセージキューサーバを介したメッセージの送信、受信が可能です。
  2. クライアント処理、およびサーバ処理における双方向のメッセージ処理ができます。
  3. 同期処理と合わせて、受信側の非同期処理が可能です。
  4. 異なるベンダーのサーバをコンフォグファイルで切り替えられます。
  5. SOAPやHTTP(POST形式)などのプロトコルにも対応しています。

メッセージングサービスコンポーネントでは、次のライブラリが無償で利用できます。

ファイル名 内容
Pps.Messaging.dll .NET Framework用のコンポーネント
Pps.Messaging.ActiveMQ.dll .NET Framework用ActiveMQインタフェース
Pps.Messaging.MSMQ.dll .NET Framework用Microsoft MQインタフェース
Pps.Messaging.WebSphereMQ.dll .NET Framework用WegShereMQインタフェース
Pps.Messaging.SoapService.dll .NET Framework用SOAPインタフェース
Pps.Messaging.HttpService.dll .NET Framework用HTTP(POST)インタフェース
org.pslx.PpsMessaging.jar Java用のコンポーネント
org.pslx.PpsMessaging.Web.jar Java用のコンポーネント

開発用サンプルソースコード

共通コンポーネントを利用した製造現場のITカイゼン用ソフトウェアは、ソースコード付きのサンプルプログラムを手直しするだけで簡単に開発できます。

実装マニュアルにあるサンプルプログラムは、こちら(PSLX Web会員専用ページ)からダウンロードできます。

PSLX共通コンポーネント実装マニュアル

PPS共通コンポーネントを使ったプログラム例については、PSLX共通コンポーネント実装マニュアルをご覧ください。