日本の製造業を再び世界のトップへ。PSLXが導きます。

ニーズの多様化、ライフサイクルの短命化、中国をはじめとるすアジア各国の台頭…。 目まぐるしく変化を続ける国際市場で、日本の製造業が再び脚光を浴びるには、世界最高水準の製品・製造技術でつくった良質の製品を、最短のリードタイムで市場に送り出すシステムが必須です。 そして、こうしたシステムをつくる上で鍵となるのが、我々が考える“APS”なのです。

我々が提案し推進しているのは、生産計画と生産スケジューリングを統一的に扱うことで、顧客、サプライヤー、設計、製造といった外部からの要求や制約を同期させ、全体最適へ導く仕組み。 たとえば、「顧客の要望によって一品ずつ異なる製品仕様を、いち早く製造部門に指示する。」 あるいは、「製造部門の実績をあらかじめ理解しておくことで、設計部門は頻繁なモデルチェンジに対応する。」 こうした新しいスタイルの製造業が、APSならできるのです。

お知らせ

2016/3/12
PSLX3プラットフォーム第3期がスタートしました
2015/4/12
PSLX3プラットフォーム第2期がスタートしました
2014/11/12
PSLX3プラットフォーム仕様書を公開しました
2014/11/12
PSLX3プラットフォーム連携デモンストレーション「工場まるごと連携デモ」を開催いたします。
2014/07/16
PSLX3プラットフォーム・プロジェクト会議日程を掲載しました
2014/05/27
PSLX3プラットフォームプロジェクトキックオフ会議の説明資料を公開しました
2014/05/22
PSLX3プラットフォーム概要と実装マニュアル、リファレンスモデルを公開しました
2014/04/23
PSLX3プラットフォームの開発に着手しました
2013/04/03
PPS共通コンポーネントの最新版を公開しました

過去のお知らせ